ハピエストサプライズを考察してみる

ハピエストサプライズを考察してみる

東京ディズニーリゾート35周年を記念して実施されているハピエストサプライズ。
今回はその、ハピエストサプライズについて考察していきたいと思います。

DSCN1265

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.ハピエストサプライズの概要☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

【実施期間】2018年4月15日(日)~2019年3月25日(月)
【対象パーク】東京ディズニーランド/東京ディズニーシー
【対象者】パークに遊びに来ている方を対象にキャストが声をかけます

【賞品】 ご来園当日のショー鑑賞席、ファストパス・チケット、グッズ、メニューなど
※公式サイトより転記
☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

 

当選確率はどれくらい?

ハピエストサプライズは期間中に35万名のゲストにプレゼントされます。
単純に計算すると、ディズニーランドとディズニーシーでそれぞれ17万5千名。
実施期間が345日間なので、1日あたりを計算すると・・・

175000 ÷ 345 ≒ 507

毎日約500名にプレゼントされることになります。
どれくらいの確率で当たるのか簡易ですが計算してみると、
2017年度の来園者が3010万人、1日あたり約82400人
2パークなので単純に2で割ると1パーク41200人

500 ÷ 41200 × 100 ≒ 1.2%

ほぼ100人に1人当たる計算になり、激レアであることがわかります。
35周年なのがディズニーランドなのを考慮すると、ディズニーランドで当たる確率はさらに低くなることと思われます。
よって、ディズニーシーの方が当たりやすいのではないかと考察されます。(誤差の範囲でしょうが・・・)

 

当たってる人はどんな人?

これも、いろいろ調べてみたのですが、どんな人なら当たりやすいかという傾向は、あまり無いようです。

カップルでも当たることもあれば、20人くらいの団体でも当たってるようですし、特にこれといった制限はないように思えます。

ただ、ちょっと小耳にはさんだ情報によると、とあるカップルにハピエストサプライズを渡そうとしたキャストさんが居たようなんですが、なんとそのカップル、喧嘩をしていたようでして、キャストさんはスルーして渡さなかったようです。

ですので、最低条件としてパークを楽しんでいるゲストの方が対象のようです。
キャストさんも人間なので、普通の人が近づきたくない相手には渡さないと思います。

うちの嫁さんは体が弱いので、パークに行くときは車いすで来園してるのですが、障害を持っているかどうかなどは関係ないようです。
当然と言えば当然なのですが、どんな人にでも楽しまれているゲストにはまんべんなくチャンスがあるようです。

 

どこで声をかけられやすいの?

これも特にこれと言って声をかけられやすいところはないと思います。
どのエリアでもまんべんなくハピエストサプライズのメダルをかけている人いたので。
うちの場合はミキ広でいただきました。

 

当たりやすい時間は?

これも特にないようです。
21時過ぎてアトラクションのファストパスが当たったという人もいらっしゃるようです。
なので、この時間に!ということは余り関係ないようです。

 

年間パスポートの人は何回も当たるチャンスがあるの?

公式ページには複数の当選の場合は規定により取り消しになる場合もあるとのこと。
年間パスポートだとチャンスが増えるように思われますが、ハピエストサプライズがプレゼントされる際には、パスポートの提示が必須となっているので、年間パスポートの当選回数は管理されているのだと思われます。(多くのゲストに当たるのがいいに決まってますからね)

ということで、100回くらい行けば1回くらいは当たるんじゃないかな?(あくまで確率ですが)



ブログランキングに参加していますので、よろしかったら応援お願いいたします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ